サービス

どんなオシャレな建物も、どんなカラフルな建物も、塗装工事は行われています。中でも外壁部分は建物の美観を左右する箇所。古びた箇所や汚れが目立つと、たちまち美観を損ねてしまいます。

塗装工事は美観を取り戻すのに有効です。また建物を様々な劣化からコーティングする意味でも役立ちます。外壁の劣化を抑制するためには、塗装工事が必須なのです。

屋根塗装

外壁よりも過酷な環境にある屋根は、劣化の症状も著しいと言われます。塗膜の劣化要因となる直射日光の熱や風雨の影響で、雨漏り被害に繋がりやすいのです。

外壁と同じように、屋根も定期的な塗り替えメンテナンスが必須。いつでも状態のよい塗膜を維持し、雨漏りをさせないことが大切です。外壁塗装を施すタイミングで、屋根塗装も行いましょう。

屋根修理・補修

お住まいの屋根に瓦の割れ・ズレ・漆喰の剥がれといった症状が見られれば、今すぐ工事が必要。
そのままにしておくと、雨漏りなどの大きなトラブルになってしまうこともあります。

当社にお任せいただければ、ぞれぞれの状態によって判断し、お住まいにとってベストなご提案をいたします!

内装塗装

近年は内装装飾に塗装をお選びいただく方も増えています。一般的に内装壁はクロスで仕上げられていますが、塗料のカラーバリエーションの豊富さや健康に優しい素材であるとして、内装塗装が注目されているのです。

パターンやカラーが限定されているクロスと違い、塗装であればお客様の数だけの仕上がりがあります。どんな内装にしたいか、どんな色にしたいかなど、余すところなく当社にお聞かせください。

シーリング工事

屋上やベランダなど、建物の屋外にある箇所は他よりも比較的雨水が溜まりやすい環境です。そういった箇所には防水工事が施されているのですが、施工された防水層が劣化してしまうと、雨水が建物の耐久性を低下させてしまいます。

建物そのものに耐久性があったとしても、きちんとした防水工事を行っていなければ雨漏りに繋がってしまいます。劣化があれば適切に修繕し、建物を「水」から守りましょう。

新築塗装

住まいの印象を決めるのはやはり外観です。とくに新築はこれから先、何十年もそこで暮らしていく一生の宝物。だからこそ塗装工事もきちんと行わなければなりません。

防水性をしっかり確保し、見た目を美しく仕上げること。そうすることで他の家とも差がつき、美観も機能性も兼ね備えた、たったひとつの家となるのです。

あなたも自分だけのこだわりを詰め込んだ住まいに仕上げてみませんか?

プラント塗装

プラントとは工場設備のこと。鋼鉄製のプラントは長きに渡り使用することで、表面に施された塗膜の剥がれやサビが目立ちます。劣化であることに変わりはないのですが、すぐに取り替えてしまうのではなく、まずは塗装工事をご検討ください。

当社は下地処理からの塗装にもっとも注力しています。表面のサビ汚れなどをしっかり落とし、塗膜を長持ちさせる方法でプラントの美観を取り戻します。

その他塗装工事全般

塗料がのるものであれば何でも対応可能なのが当社の特長。その他塗装工事も、全般対応が可能です。塗料の剥がれや色ムラ、些細な劣化箇所への塗装工事もお任せください。

もちろん「こんな些細な箇所でも大丈夫かな?」「こんなところにも塗れますか?」といったご相談でも承ります。塗装に関することでお悩みの場合、まずはSBTまでお問い合わせください。

SBT:私たちが提供する

サービスSBTの塗装サービスで、建物の内部と外部のセクションにポップな色を与えましょう!私たちの会社は10年以上この業界で働いており、あなたの家や商業施設に必要な品質を提供できる最も経験豊富な個人がいると誇らしげに言うことができます。 

ここSBTでは、お客様のニーズと基準に合わせて慎重にキュレーションされた幅広い塗装サービスを提供しています。私たちのサービスはすべて、塗装に関してかなりの経験を持つ専門家によって実行されます。以下のサービスのリストをご覧ください

。SBTを使用したペイントが来

あなたの場所に色のスプラッシュを与え、あなたの家やビジネス施設にいくつかの個性を追加する時ました。インテリアとエクステリアの塗装はあなたの施設の雰囲気を変える素晴らしい方法であり、正しい外観と仕上げを選択することはあなたの家の全体的な外観に影響を与えます。このため、私たちが提供するさまざまな種類の壁用塗料と仕上げを知ることが重要です。以下のさまざまな仕上げをご覧ください。

  1. フラットまたはマット仕上げ 

フラットペイントは、より一般的にマットペイントとして知られていますが、光沢が最も少なくなっています。この仕上げは他の塗料ほど光を反射しないので、あなたの家のインテリアに最適です。

サテンの絵の具に比べて密度が高いので、あまり多くの層を追加することなく表面を覆うことができます。 2層から3層までの数回のコートで問題ありません。これに加えて、フラットペイントは、より厚い一貫性を持っているため、釘穴などの欠陥に対するカバーアップが少なくて済みます。 

それがその利点を持っているのと同じように、フラットペイントにもそれ自身の欠点があります。この塗料はカバレッジには最適かもしれませんが、耐久性も最も低くなります。クリーナーで処理すると簡単に損傷する可能性があります。このタイプの仕上げは、交通量の少ない建物内のエリアに最適です。 

これに最適な場所は、ダイニングルーム、天井、および頻繁に触れないその他の表面です。ペイントは外部の要素とうまく調和しないため、これは屋外での使用には適していないことに注意してください。  

  1. 卵殻仕上げ 

これは、マット塗装仕上げよりも少し光沢がありますが、光沢がないため、業界で最も人気のある塗装仕上げの1つとして知られています。まるで卵殻の繊細な光沢のように見えるので、この名前が付けられました。フラットペイント仕上げと同じように、これは欠陥を非常によくカバーし、より耐久性がありますが、それでも光沢仕上げペイントと同等ではありません。 

このタイプの塗料は、居間、玄関、廊下の交通量が少ないか中程度であるため、見事に見えます。人々はそれを通り過ぎないので、塗料が剥がれるリスクが少なくなります。風化しやすいため、屋外用塗料には適していません。 

  1. サテン仕上げ 

すべての塗装仕上げの中で、これが最も一般的ですが、現代のインテリアでは以前ほど人気が​​ありません。このタイプの仕上げは、マット仕上げや卵殻仕上げに比べて表面がきれいになりやすいビロードのような光沢があります。

このため、このタイプの仕上げは、家の交通量の多い場所に強くお勧めします。これには、ファミリールーム、プレイルーム、キッチン、ランドリールーム、バスルームが含まれます。サテン仕上げで壁を掃除する必要があるときはいつでも、濡れたクリーニングタオルで壁を拭くだけです。 

この仕上げに落ち着く前に、このタイプはより光沢があるため、ブラシストロークを明らかにするのにより適していることを知ってください。つまり、すべてのストロークで光が簡単に反射します。これによる修正は、光沢があるため少し注意が必要です。幸いなことに、SBTの専門家は、ブラシを処理し、壁に均一なストロークを設定するという驚くべきスキルを持っています。 

  1. 半光沢仕上げ

半光沢のさまざまな仕上げは、部屋の光を減らしたい人にとってはオフになるかもしれない光沢のある反射品質を持っていると説明されています。このタイプの仕上げを使用すると、部屋がより明るく、より明るく見えるようになります。このため、部屋を暗く居心地の良いものに保つことが目標である場合は、寝室にはお勧めしません。 

上記のほか、半光沢仕上げは耐久性にも優れているため、摩耗、破れ、湿気の多い場所に最適です。また、カビを防ぐので、建物が湿度の高い場所にある場合は、カビをテストすることをお勧めします。 

サテン仕上げのように、このペイントの透き通った光沢のある外観は、壁の欠陥やブラシストロークを示すことができます。これは、小さなバンプや変化のたびに、ペイントの反射面に光が当たるからです。 

  1. 高光沢仕上げの 

Hそれはガラスのような仕上がりと非常に切り立ったように見えるので、IGH-光沢塗料は、リスト内で輝い仕上がりであることが知られています。耐候性やクリーナーに弱いつや消し塗料とは異なり、高光沢仕上げは耐久性に優れ、洗えるので必要に応じてこすり洗いできるので、建物の外装に最適です。外装に加えて、ドア、トリム、キャビネットにもこの塗料を使用できます。 

このタイプの仕上げは、壁に多くの欠陥を示す可能性があるため、SBTの私たちのような専門家によって最もよく適用されます。 

塗装仕上げを選択する際に考慮する必要があること

すべての塗装仕上げには、長所と短所があります。住宅所有者として、あなたはあなたの家のために何がうまくいくか、そしてあなたがあなたの構造のために想像している外観を満足させる仕上げが何であるかを知る必要があります。必要な塗装仕上げを決定する前に、従うことができるいくつかのガイドラインを次に示します。 

トラフィック

塗装仕上げを選択するときにこれに注意を払う人はそれほど多くありませんが、これは方法を決定するため、最も重要な側面と見なされますあなたのペンキが長く続く。特定の部屋が耐えるトラフィックを知る必要があります。 

キッチン、バスルーム、プレイルーム、リビングルームなどの忙しい部屋をペイントする必要がある場合は、外観が薄いような耐久性のないペイントを避けてください。どちらの仕上げも光沢があまりないが、同時に滑らかで耐久性があるため、推奨される仕上げはサテンまたは半光沢のいずれかです。 

物置、廊下、ダイニングエリアなど、交通量や活動が少ない部屋では、卵殻とマット仕上げを選択することをお勧めします。これらの塗装仕上げは、部屋に清潔で滑らかな外観を与え、壁がほとんど完璧に見えるため、現代のインテリアデザインで人気があります。 

塗装の光沢光沢 

お気づきかもしれませんが、塗装の仕上げはすべて、の仕方が異なります。シームレスな粉っぽい外観のものもあれば、明るい光沢のあるものもあります。それはすべて、光沢のないフラットな仕上げから非常に光沢のある高光沢まであります。 

ペイントが光沢があるほど、その部屋で光が反射する可能性が高くなります。部屋を明るくしたくない場合は、卵殻仕上げまたはマット仕上げのいずれかを選択する必要があります。ただし、照明がなくても部屋を明るくしたい場合は、半光沢と高光沢の仕上げを選択するのが最適です。

寝室を塗装する場合は、部屋に反射する光の量を減らし、柔らかくリラックスした外観にすることができるため、光沢を少し減らした仕上げを選択することをお勧めします。 

表面の欠陥

塗装仕上げを選択するときに知っておく必要があることの1つは、反射率が高いほど、塗料が壁の欠陥を反映する可能性が高くなることです。ブラシストロークや壁の小さな凹凸などは、光を捕らえやすいため、より目立ちます。 

釘の穴やパッチで壁をペイントする場合は、欠陥が反映されないように、シアーの少ないペイント仕上げを検討することをお勧めします。つや消しの色でペイントすると、壁の傷を滑らかで完璧にするのに十分なだけマスクするのに役立ちます。

SBT:日本で信頼できる塗装コンサルタント!

塗装に関する懸念についてSBTと提携する最大の利点は、この分野で10年以上の経験があり、自宅や施設をできる限り完璧にするために必要な洞察を提供できることです。

プロジェクトの完璧な実行に関しては、専門家の意見を集めることが最善であることを忘れないでください。これはあなたにとって物事を簡単にするだけでなく、あなたの家の外観も改善します。  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする