SBT:塗料と色のすべて

SBT:塗料と色すべて

のここSBTの専門家は、家の内外装に使用できるさまざまな種類の塗料についての知識をあなたと共有することを決意しています。これらを知ることはあなたが部屋の見た目と魅力を完全に変えるであろうあなたの家またはビジネス施設のために最良の選択をすることを可能にするでしょう。

この記事を、プロジェクトを正しく実行するための究極のガイド、SBTの方法として役立てましょう。塗料について、そしてそれらがあなたの家の見栄えをどのように改善できるかについて学ぶ準備をしてください。 

概要:さまざまな部屋に最適な光沢

始めるのに役立つように、ここにあなたの家の各部屋に合う最高の光沢を示すガイドがあります。以下の詳細を見て、次に塗料を購入するときに注意してください: 

  • キッチンとバスルームの場合:半光沢
  • 天井:フラット仕上げ
  • 装飾領域:卵殻
  • 寝室、ダイニングルーム、廊下、ドア:サテン 
  • ウッドキャビネット、ドア、トリムなどの表面:高光沢 

さまざまなタイプのベースに基づくペイント

ペイントベースは、ペイントの一貫性とペイントされる表面への影響を決定するため、知っておくことが重要です。 。以下のベースに応じて、さまざまな種類の塗料を見てください。 

  1. 油性塗料 

油性塗料は、耐久性があり、湿気や水に耐えることができるため、専門家がハード仕上げによく使用します。このタイプの塗料は、他のどのベースよりも優れた表面浸透性と接着性を提供し、屋外塗装に最適です。 

それとは別に、油性塗料は、汚れ防止、にじみのある木材、汚れた表面、錆びる可能性のある金属ともよく合います。水が表面に浸透するのを防ぐので、ほとんどすべての領域の保護カバーとして使用できます。唯一の欠点は、他の塗料よりも乾燥が大幅に遅く、完全に乾燥するまでにほぼ24時間かかる可能性があることです。 

油性塗料について覚えておくべきこと: 

  • このタイプの塗料の油は非常に速く分離するので、壁の塗料の不均一な層を防ぐために時々混ぜることができます。木片または金属片を使用して、ペンキのバケツの中身をかき混ぜます。 
  • 油性塗料用に特別に作られた材料のみを使用してください。塗料の見た目を損なうので、安価な材料を選択しないでください。
  1. 水性 

塗料エナメルとも呼ばれる水性塗料は、特に家の内部を塗装している場合、油性塗料と比較してより安全な選択と見なされることがよくあります。めまいがする臭いが少なく、掃除も簡単です。家の中でペンキを塗ると、きっと喜ばれる特典です。

上記に加えて、水性塗料は低レベルのVOCも含んでおり、これは肺にとって危険な化学物質です。また、速乾性があり、他のペイントベースよりも摩耗が良好です。

不利な点と考えられる唯一のことは、水性塗料の品質が弾力性が低いことです。ただし、長所は短所をはるかに上回ります。 SBTの専門家が1日に複数のコートを塗ることができるように、それははるかに速く乾きます。  

  1. ラテックスベースの塗料

ラテックスベースの塗料は、外装用途に使用する最も人気のある塗料です。使用と塗布が簡単なことを除けば、油性塗料とほぼ同じ耐久性があります。このタイプの塗料もベースとして水を使用していますが、処方は少し異なります。油性塗料と水性塗料の完璧な組み合わせです。

このタイプの塗料の素晴らしいところは、直射日光の影響を受けず、時間の経過とともに色が変化しないことです。さらに、それはあなたの家の羽目板と伸縮し、湿気が表面に閉じ込められるのを防ぎます。  

入手可能な最高品質のラテックス塗料はアクリル絵の具です。それは木や金属とうまく機能するので、基本的にあなたの家のどんな表面でもそれを使うことができます。このペイントベースを使用する場合は、特定のタイプを選択するようにしてください。これらのペイントの一部は、屋内または屋外での使用に特化して作られています。屋内で使用される一部のラテックス塗料は、屋外では持ちこたえません。

  1. プライマー 

プライマーは、油性または水性のいずれかの塗料です。それらは、選択した色のベースを設定するために、どの表面でも驚くほどうまく機能します。水性プライマーは水性塗料でうまく機能しますが、油性プライマーは油性塗料と水性塗料の両方で完全に機能します。木材、金属、セメントの表面に使用できます。

ほとんどの人は絵のこの部分をスキップしますが、壁に完璧な外観を保つことは実際には重要なステップです。塗装が必要な表面のベースを設定するので、塗布も可能です。これに加えて、壁の変色や傷の外観も取り除きます。 

ペイントの光沢オプション光沢に関してます 

は、すべてのペイントが異なり。最適なオプションを選択できるように、違いを知る必要があります。以下のすねに基づいたさまざまな種類のペイントを見てください。 

  1. フラットペイント 

このタイプのペイントは完璧で素晴らしいように見えます。ただし、掃除がうまくいかないため、人が多い面では使用できません。このタイプの塗料は、注意しないとグリースの飛び散り、指紋、その他の混乱の兆候を示す可能性があるため、キッチン、バスルーム、子供部屋ではうまく機能しません。 

家に子供がいなくて、交通量の少ない場所でこの絵の具を使うなら、洗練された豪華な仕上がりを楽しむことができます。このタイプのペイントは、光が反射して天井の粗い表面を強調するのを防ぐため、天井だけでなく、頻繁に触れられない内面にも適しています。

このタイプの塗料の素晴らしいところは、光を反射しないため、壁の欠陥の外観が減少することです。

  1. マットペイント 

マットペイントは、フラットペイントに比べて少し光沢があります。この2つは非常によく似ており、品質はほぼ同じです。ただし、マットペイントは耐久性が高い傾向があります。耐久性のこのわずかな変化により、マットペイントは交通量の多い場所に最適なオプションになりますが、グリースやオイルではうまくいかないため、キッチンに入れないようにすることをお勧めします。 

このタイプの塗料は、天井やその他の木の表面に適しています。さらに、壁や天井の表面の欠陥を隠すことができます。間違いなく、それはあなたが大規模な修理にお金を節約したいときにあなたが考慮したいと思うかもしれないタイプです。 

  1. 卵殻塗料 

卵殻塗料は、卵殻の表面のように少し光沢があることを除いて、マット仕上げと同じ光沢を持っています。フラットペイントよりもきれいになるので、交通量の多い場所でも交通量の少ない場所でも、基本的にどの表面でもこの塗料を使用できます。また、壁を掃除しても洗い流されないため、他の光沢のない塗料よりも耐久性が高いことがわかります。 

光沢がありすぎず、マットすぎないものをお探しの場合に最適なペイントです。さらに、この塗料は安価で、壁にすばらしく見えます。それはどんな表面にも洗練された完璧な外観を与えることができます。 

  1. サテンペイント 

サテン仕上げは、前述のペイントよりも光沢がありますが、滑らかでビロードのような外観で、壁に驚くべき錯覚を与えます。この種の塗料は少し光沢があるので洗うことができます。 

このタイプの塗料は、廊下、ドア、木工品、寝室に最適です。あなたはあなたの家のダイニングルームと他の交通量の多いエリアでさえそれを使うことができます。この製品の耐久性は上記の3つを超えており、長持ちします。

  1. 半光沢塗料

半光沢塗料は、部屋をもう少し明るくすることができます。この塗料の反射面は、部屋を明るく見せることができます。さらに、耐久性があり、掃除に耐えることができるため、バスルーム、キッチン、ウェットルームなどのエリアに最適です。これの唯一の欠点は、すべてのバンプが光を捕らえるペイントでより目立つようになるため、壁の欠陥を強調することです。 

  1. グロスペイント 

グロスペイントは、こすり洗い可能な表面を提供し、汚れにも強いため、木の表面、トリム、ドア、キャビネット、バスルーム、キッチンに最適です。濡れたタオルで拭くだけで簡単に表面をきれいにできます。 

この絵の具は光沢があるので、光を反射しやすく、壁やその他の表面のすべての傷を目立たせます。このため、表面が平らでない限り、壁にはお勧めしません。 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする